【参考情報】QUAD CORTEX のキャプチャー機能の使い方

プロも注目し、注目を浴びている フロア型モデラーである Neural DSP社の「QUAD CORTEX」。

今回は、そんな「QUAD CORTEX」の使い方の中でも「実機をコピーして使いたい!」という人向けの内容をまとめます。

なお、情報は、CorOS 1.2.2時点でのものになっています。

質問がありましたら、遠慮なくどうぞ!

スポンサーリンク

Quad Cortex のキャプチャー機能

Quad Cortex で使用できるキャプチャー(実機のコピー)機能は「Neural Capture」という名称のものです。

Neural Capture は、AIを用いた Neural DSP社の独自技術で構築されています。ただし、キャプチャーできる実機は、「アンプ」「キャビネット」「歪系(オーバードライブ等)のエフェクター」です。空間系である「ディレイ」「モジュレーション系」「リバーブ」のエフェクターはキャプチャーできないので、注意しましょう。

Neural Captureを利用することで、デフォルトではエフェクトブロックに搭載されていない「お気に入りの『アンプ』『キャビネット』『歪み系エフェクター』」をあたかも実機を使用しているかのように、Quad Cortexのみでルーティングに組みこむこともできます。また、「希少な実機」「同じ型番でも個体差で違ってくる実機」などを他者と共有することができるのは大きなメリットでしょう。

なお、アンプやキャビネットでは、マイクを使用します。そのため、使用するマイクの「特性」「位置」なども影響してきます。キャプチャーのために使用した環境全てに対して、それぞれの音の特性を学習し、人間の知覚に合わせた自然なサウンドを高精度で再現するのです。

補足として、ファクトリープリセットでも、実機をキャプチャーした Factory Capture が存在しています。こちらでまとめていますので、ぜひ確認してみて下さい。

Neural Capture の実施方法

ここでは、実際にNeural Capture でキャプチャーを行う手順を記載していきます。

機材の接続

Neural Captureを利用する際に使用する端子は、以下の赤枠で囲まれたものになります。

「Send 1」「Send 2」「Return 2」には、何も接続しないようにしてください。ケーブルを接続すると、意図しないキャプチャー結果になってしまう可能性があります。

以下の接続方法は、以下になります。なお、Neural Captureを行う際のディスプレイ上にも(英語ですが)表示されます。

  1. 「Return 1」端子に、使用する楽器(ギターなど)を接続する。
  2. キャプチャーするサウンドを確認するために、以下のいずれかを行う。
    • 「ヘッドホン」端子を利用し、ヘッドホンを接続する。
    • XLR出力(「OUT1」端子 / 「OUT2」端子)を利用し、モニタリングシステムを接続する。
  3. 「Capture Out」端子をキャプチャーする機器(アンプ、キャビネット、歪系エフェクター)のインプット端子に接続する。
  4. キャプチャーする機器の出力を、「INPUT 1」端子に接続する。
    • アンプ、キャビネットの場合は、マイクを利用する必要があります。マイクを「INPUT 1」端子に接続してください。
      • アンプのキャプチャーには「キャビネットの接続」と「マイクの利用」が必要です。真空管アンプからのスピーカー出力を直接QuadCortexに接続すると、双方の機材が壊れる可能性があります。
      • アンプが「D.I.OUT」を装備している場合は、マイクを介さずに D.I.OUTを利用してキャプチャーを行うことが可能です。この場合は キャビネットを介さないため、純粋にアンプのサウンドをキャプチャーすることが可能です。
    • 歪系エフェクターの場合は、エフェクターのアウトプット端子を「INPUT 1」端子に接続してください。

Neural Captureでのキャプチャー処理

グリッド右上にあるメインメニューをタップし、“New Neural Capture”をタップします。

タップすると、以下の画面が表示されます。この画面で「NEXT」ボタンを押下していくことで、上記の「機材の接続方法」で記載した内容がディスプレイ上で案内されていきます。

説明を飛ばす際は、画面上部の「Skip diagram」を押下してください。また、Neural Capture を止めたい場合は「Cancel」ボタンでグリッド画面に戻ります。

説明の案内の最終ページで「CONFIRM」ボタンを押下するか、「Skip diagram」を押下すると、実際にNeural Captureを行う以下の画面に遷移します。(ここで「CONNECTION DIAGRAM」を押下すると、接続方法の説明の1ページ目に遷移します。)

この画面では 入力レベルなどを調整し、「START CAPTURE」ボタンを押下することで、キャプチャーを始めます。各パラメータの説明は以下です。

パラメーター説明
INST LEVEL(ノブ)楽器の入力ゲインを設定します。

クリップしない程度の音量に設定してください。(可能であれば-10dB以上 )

IN 1 LEVEL(ノブ)「INPUT 1」の入力ゲインを設定します。

クリップしない程度の音量に設定してください。

GROUND LIFTグラウンドループから発生するノイズがある場合は、低減または除去する為に「On」にする必要があります。
TYPE入力信号を「Mic」と「Instrument」で切り替えます。

「INPUT 1」に接続したケーブルが TS(フォン)ケーブルであれば「Instrument」、XLRケーブルであれば「Mic」を選択してください。

PHANTOMファンタム電源(48V)を使用する場合は、オンにします。
INST LEVEL(メーター)楽器の入力レベルのメーターです。
IN 1 LEVEL(メーター)「Input 1」の入力レベルのメーターです。
HEADPHONE LEVELヘッドホンへの出力レベルを設定します。
AUTO-SET「INPUT 1」のレベルを自動で設定します。

「INPUT 1(ノブ)」の動きが止まるまで、楽器を演奏し続ける必要があります。

「START CAPTURE」ボタンを押下すると、以下のような画面で、キャプチャー処理が始まります。

各ステップで行われている処理は、以下を参照してください。

ステップ説明
Calibration接続されている機器のレイテンシーを測定するステップです。

デジタル機器の場合は、レイテンシーをできるだ低く抑える必要があります。

Recording Signalsモデリングに使用する信号を録音するステップです。
Sanity Check録音した音の正常性を確認するステップです。

一例ですが、Sanity Checkが失敗した場合は、以下のような画面が表示されます。右側に、エラー内容が表示されるので、確認してみて下さい。

上記例では、「入力信号が検知できないか、小さすぎる」という内容です。「接続が正しいこと」や「AUTO-SET機能などを使用して 入力レベルの再設定」を行う必要があります。

Training録音した信号を基に、Neural Cortex内で エミュレートするステップです。
スポンサーリンク

Neural Captureしたサウンドの確認

Neural Capture でのキャプチャー処理が完了すると、以下の画面になります。ここでは、接続順を変更することなく、テストを行うことが可能です。

基本的には、「CORTEX」と「REFERENCE」を切り替えてサウンドの確認を行います。「CORTEX」はキャプチャーした音、「REFERENCE」はキャプチャーする機材の音です。音量は「HEADPHONES」で調整できます。もし、再度取り直したい場合は、「START FROM SCRATCH」を押下してください。

Neural Captureしたサウンドの保存

サウンドが決まったら、最後に保存です。上記のサウンドを確認する画面で「SAVE」ボタンを押下します。すると、以下の画面が表示されます。

ここでは以下の内容を設定して「Save」ボタンを押下することで、キャプチャーしたサウンドを保存します。

  • 「Save in」で、保存先を選択する
  • 「NEURAL CAPTURE NAME」で保存する際の名称を入力する
  • (必要であれば)「TAGS」で、タグを割り当てる

Neural Captureしたサウンドの利用

キャプチャーしたサウンド(エフェクトブロック)は、グリッド上で「Neural Capture」ブロックを設定することで利用可能です。

「Neural Capture」ブロックを選択すると、ライブラリーで、以下のアコーディオンセクションが表示されます。

  • My Captures
  • Factory Captures 1
  • Factory Captures 2

この中から、「My Captures」のアコーディオンセクションを開き、キャプチャー(保存)したサウンドを選択することで、他のエフェクトブロックと同様に利用可能になります。

なお、Neural Capture で変更できるパラメーターは、以下になります。

パラメーター説明
GAINプリアンプ部のゲインを設定します。
BASSサウンドのローエンド部をレベルを調整します。
MIDサウンドのミッドレンジ部をレベルを調整します。
TREBLEサウンドのハイエンド部をレベルを調整します。
VOLUMEエフェクトブロックからの出力レベルを調整します。

商品リンク

競合他社の機能をコンパクトに凝縮したフロア型モデラー

まとめ

今回は、「QUAD CORTEX」でのキャプチャー機能:Neural Captureについて記載しました。

音色作成のヒントにしていただければ、嬉しいです。

スポンサーリンク