【DaVinci Resolve】DaVinci Resolveの各画面の役割と画面構成

今回は、動画編集ソフト:DaVinci Resolveの各ページの役割と画面構成について紹介します。

情報量が多いので数文書でまとめますが、本記事ではその内、1文書目に当たります。

なお、ここで紹介する内容は、DaVinci Resolve Studio 18 に基づいた内容になっています。

スポンサーリンク

役割と画面構成

各ページにおいて、「何をするためのページか?」「どんな画面構成をしているのか?」と言ったことをまとめていこうと思います。

共通部分

まずは、各ページにおける共通部分のヘッダー部とフッター部です。

画面構成は以下です。

①②はヘッダー部、③以降はフッター部に存在するものになります。

番号名称説明
メニューバーDaVinci Resolve で利用可能なメニューを利用できます。
インターフェースツールバー各ページごとに存在するパネルの表示/非表示を切り替えます。

なお、表示されるパネルは、ページ毎に変わります。

アプリ名アプリ名が表示されます。

Sutidio(有償版)でも、「DaVinci Resolve xxx」と表示されます。

メディアページメディアページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 2でも表示できます。

カットページカットページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 3でも表示できます。

エディットページエディットページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 4でも表示できます。

FusionページFusionページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 5でも表示できます。

カラーページカラーページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 6でも表示できます。

FairlightFairlightページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 7でも表示できます。

デリバーページデリバーページへ遷移します。

ショートカットキー:Shift + 8でも表示できます。

プロジェクトマネージャープロジェクトマネージャーが表示されます。

ショートカットキー:Shift + 1でも表示できます。

プロジェクト設定プロジェクト設定が表示されます。

ショートカットキー:Shift + 9でも表示できます。

④から⑩をまとめて、「ページ選択セレクション」と呼びます。「ページ選択セレクション」は、④から⑩にかけて、後工程の作業になってきます。

メディア

素材を DaVinci Resolve に取り込むことができます。プロジェクトで利用する素材に関する管理を行うことが目的となっているページです。

画面構成は以下です。

番号名称説明
メディアストレージブラウザ利用可能な素材が表示されます。素材を探すのにも便利です。

PCに存在しているディレクトリを左側のツリーリストから参照できます。

ツリーリストで選択したディレクトリ(フォルダ)の中身は、右側に表示されます。

ビューア①や④で選択した素材の映像(画像)が表示されます。

表示されているのが動画の場合、再生したり、カーソル(再生ヘッド)を使用して内容を確認することができます。

また、モードを切り替えることで、映像の代わりに音声の波形を表示させることもできます。

オーディオパネル再生させているオーディオデータの音量を確認するパネルです。

選択している素材に音声が含まれている場合、再生した時の音量をメーターで表示させたり、オーディオデータを波形で表示させたりすることができます。

メディアプール実際に動画作成で使用するための素材が表示されます。動画編集時は、ここで登録されたデータを扱うことになります。

①の中で選択したファイルを、D&Dで登録することもできます。

また、動画のサムネイルにカーソルを持っていくと、赤いバーで再生ヘッドが表示され、その時点での映像を確認することができます。

なお、他のページのメディアプールと同期しているので、他のページの管理内容も反映されます。

メタデータエディタ最後に選択したファイルのメタデータが表示されます。
インターフェースツールバーにより、表示内容が変更される場合があります。

カット

このページは DaVinci Resolve 16から搭載されたページで、DaVinci Resolve独自の操作感を有しています。リニア編集によるカット編集から出力までの一連の作業を、スピーディーに行うことができるようになっています。

より短時間で映像編集ができるように、他の前ページから機能を厳選し、盛り込んだようなイメージが良いかと思います。

また、後述のエディットページとはシームレスに行き来することができます。

画面構成は以下です。

番号名称説明
メディアプール動画作成で使用するための素材の「読み込み」「管理」を行うが表示されます。動画編集時は、ここで登録されたデータを扱うことになります。

メディアページの「メディアストレージ」で追加、もしくは本パネルや④にD&Dすることで登録できます。

また、動画のサムネイルにカーソルを持っていくと、赤いバーで再生ヘッドが表示され、その時点での映像を確認することができます。

なお、他のページのメディアプールと同期しているので、他のページの管理内容も反映されます。

ビューアメディアプールに存在している素材を選択すると、ここでプレビューすることができます。

データによっては、トランスポートコントロールの上に、オーディオ波形が表示されることがあります。

オーディオメーター再生させているオーディオデータ(音声付きの動画を含む)の音量を確認するメーターです。
タイムライン素材の配置、トリミング、エフェクトの追加などの編集作業を行います。
インターフェースツールバーにより、表示内容が変更される場合があります。
スポンサーリンク

エディット

ノンリニア編集により、Premiere Pro のような他の動画編集ソフトと同様の操作感で編集ができます。カットページでは対応できない少し高度なカット編集や、トラジションの設定などを行うことができます。

また、先述のカットページとはシームレスに行き来することができます。

画面構成は以下です。

番号名称説明
メディアプール動画作成で使用するための素材の「読み込み」「管理」を行うが表示されます。動画編集時は、ここで登録されたデータを扱うことになります。

メディアページの「メディアストレージ」で追加、もしくは本パネルや④にD&Dすることで登録できます。

また、動画のサムネイルにカーソルを持っていくと、赤いバーで再生ヘッドが表示され、その時点での映像を確認することができます。

なお、他のページのメディアプールと同期しているので、他のページの管理内容も反映されます。

ソースビューアメディアプールで選択した素材のプレビューが確認できます。
タイムラインビューアタイムラインで再生ヘッドの位置の映像のプレビューが確認できます。
タイムライン素材の配置、トリミング、エフェクトの追加などの編集作業を行います。
インターフェースツールバーにより、表示内容が変更される場合があります。

Fusion

VFXを設定することができます。VFXにより、映像の合成、エフェクトの追加、テロップ作成などを行うことができます。

Adobeソフトで言うと、After Effects の役割を担っているページと言えるでしょう。

画面構成は以下です。

番号名称説明
メディアプール動画作成で使用するための素材の「読み込み」「管理」を行うが表示されます。動画編集時は、ここで登録されたデータを扱うことになります。

メディアページの「メディアストレージ」で追加、もしくは本パネルにD&Dすることで登録できます。

なお、他のページのメディアプールと同期しているので、他のページの管理内容も反映されます。

ビューア③で選択したノード以前のエフェクトの適用結果が表示されます。
ノードエディターノードを使用して、エフェクトを適用することができます。

エフェクトは、ノードをつなげていくことで多重適用をすることができます。

インスペクタ選択したノード(エフェクト)のパラメータを変更することができます。
インターフェースツールバーにより、表示内容が変更される場合があります。

カラー

カラー編集として、カラーコレクションやカラーグレーディングを行うことができます。

DaVinci Resolveは、色補正用のソフトウェアとして開発されたのが始まりです。その後、動画編集機能を搭載したという流れです。そのため、カラー編集に関する機能は非常に優秀です。Premiere Proなどを利用している人でも、カラー編集だけはDaVinci Resolveで行うという人もいます。また、フラッシュバックジャパンのHP(リンク)を見ても、対応しているプラグインは「Magic Bullet Suite」などカラー補正を行うようなものが目立ちます。

画面構成は以下です。

番号名称説明
ギャラリースチル(特定のノードの情報を登録したもの)が表示されます。

スチルを活用する時に利用します。

ビューア編集中の映像のプレビューを確認できます。
ノードエディターノードを使用して、エフェクトを適用することができます。

エフェクトは、ノードをつなげていくことで多重適用をすることができます。

クリップ/タイムラインエディットページでのタイムラインが表示されます。

なお、ここでは「素材毎(クリップ)」と「時間軸(タイムライン)」の2通りの表示がされます。

レフトパレットカラーマッチ、カラーホイール、モーションエフェクトなどの設定を行うことができます。
センターパレットカーブ、カラーワーパー、トラッカー、ブラーなどの設定を行うことができます。
キーフレーム選択している素材に対応するキーフレームが表示されます。
インターフェースツールバーにより、表示内容が変更される場合があります。
スポンサーリンク

Fairlight

オーディオ関連の編集を行うページです。

ここでは、標準搭載されているプラグイン:FairlightFX の他、DAW用のVSTプラグインを使うこともできます。つまり、「iZotope の Ozone」や「WAVESのプラグイン」も利用可能になります。

そのため、DTMもやられている方は、各々が使い慣れたプラグインを使って、ミキシング、マスタリング、を初めとする様々なオーディオ編集が可能になります。

画面構成は以下です。

番号名称説明
メディアプール動画作成で使用するための素材の「読み込み」「管理」を行うが表示されます。動画編集時は、ここで登録されたデータを扱うことになります。

メディアページの「メディアストレージ」で追加、もしくは本パネルや③にD&Dすることで登録できます。

なお、他のページのメディアプールと同期しているので、他のページの管理内容も反映されます。ただし、画像ファイルは表示されません。

メーター各トラックとバスの音量を確認できます。

最終的に出力される音量は、「スタジオ」で確認できます。

タイムラインオーディオトラックの編集を行うことができるエリアです。

ここで、各種エフェクトの適用、レベル調整などを行うことに鳴ります。

インスペクタ選択したクリップに適用したエフェクトのパラメータ変更などを行うことができます。
インターフェースツールバーにより、①④は表示内容が変更することができます。

デリバー

編集が終わった最終的な成果物の出力を行うページです。

任意の解像度やファイル形式を指定して出力できる他、環境設定でアカウント連携をしていれば、YouTubeなどにアップロードすることも可能です

画面構成は以下です。

番号名称説明
レンダー設定出力する動画ファイルの設定を行います。
ビューアタイムラインの再生ヘッドの位置の映像をプレビューで確認できます。

ここに表示される映像が、動画ファイルとして出力されることになります。

レンダーキューレンダリングする対象のリストです。

レンダー設定で、「レンダーキューに追加」を行うと、こちらに追加されます。

サムネイルタイムラインレンダリングする動画で使用されている素材のサムネイルが表示されます。
タイムライン再生ヘッドの位置の映像を確認することができます。

編集はできませんが、内容はエディットページと連動しています。

商品情報

公式HPでは、無料版もダウンロードできます。

無料版は、試用期間のようなものではなく、永続的に無料で使い続けることができます。

また、無料版とは言え、プライベートで利用する場合は十分すぎる機能を有しています。

動画編集に関するプロフェッショナルな編集、カラー、エフェクト、オーディオが1台で可能なポストプロダクション。ライセンス版とUSB版を選べます。

まとめ

今回は、動画編集ソフト:DaVinci Resolveの各ページの役割と画面構成について紹介しました。

DaVinci Resolveを扱う上で、最も基本となる内容だと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク