【参考情報】DaVinci Resolveのショートカット一覧~メニュー編_その①~

今回は、動画編集ソフト:DaVinci Resolveのメニューおけるショートカットキーについて紹介します。

情報量が多いので数文書でまとめますが、本記事ではその内、1文書目に当たります。

なお、ここで紹介するショートカットの設定値は、DaVinci Resolve Studio 18 での初期設定のものになっています。

スポンサーリンク

ショートカット一覧

DaVinci Resolveでは、ショートカットの設定でベースとなるソフトをプルダウンメニューに表示される以下のいずれかから選ぶことができます。

  • DaVinci Resolve
  • Adobe Premiere Pro
  • Apple Final Cut Pro X
  • Avid Media Composer
  • Pro Tools

上記のうち、ここではWindows環境下で「DaVinci Resolve」を選択した時のデフォルト値を記載します。Macの場合は、「Ctrl ⇒ Command」「Alt ⇒ Option」「ファンクションキー ⇒ Fnキーを押下しながら」などの置き換えを行ってください。

また、各個人で設定できる項目は、空白となっています。

DaVinci Resolve

メニュー(第一階層)ショートカットキー
DaVinci Resolveについて
キーボードのカスタマイズCtrl+Alt+K
アップデートの確認…
環境設定Ctrl+,
DaVinci Resolveを終了Ctrl+Q

ファイル

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)ショートカットキー
新規プロジェクト…
新規ビンCtrl+Shift+N
新規スマートビン…
新規タイムライン…Ctrl+N
現在のタイムラインを閉じる
プロジェクトを保存Ctrl+S
プロジェクトを別名で保存…Ctrl+Shift+S
最後に保存したバージョンに戻す…
読み込みビン…
メディア…Ctrl+I
XMLのメディア…
タイムライン…Ctrl+Shift+I
Fusionコンポジション…
字幕…
プリコンフォームEDL…
EDLのバッチリスト…
プロジェクトの読み込み…
メタデータの読み込みメディアプール…
選択したメディアプ-ルクリップ…
書き出しピン…
タイムライン…Ctrl+Shift+O
字幕…
Fusionコンポジション…
プロジェクトの書き出し…Ctrl+E
メタデータの書き出しメディアプール…
選択したメディアプ-ルクリップ…
クイックエクスポート…
プロジェクトマネージャー…Shift+1
プロジェクト設定…Shift+9
プロジェクトメモ…
単一ユーザープロジェクト
複数ユーザーコラボレーション
メディア管理…
ビンから再コンフォーム…
メディアストレージから再コンフォーム…
easyDCPライセンスと証明書の読み込み…
ライセンスと証明書のリクエスト…
KDM/Digestの読み込み…
サーバー証明書の書き出し…
フル解像度でデコード
1/2 解像度でデコード
1/4 解像度でデコード
DCPタイムラインのコンソリデート…
easyDCPについて…
Dolby Vision(R)ライセンスのロード…
コンフィギュレーションのロード…
プロジェクトの読み込みとギャラリーパス設定…

編集

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)ショートカットキー
取り消しCtrl+Z
`
やり直しCtrl+Shift+Z
履歴履歴ウィンドウを開く
カットCtrl+X
リップルカットCtrl+Shift+X
先頭をカット
末尾をカット
コピーCtrl+C
先頭をコピー
末尾をコピー
ペーストCtrl+V
ペースト挿入Ctrl+Shift+V
属性をペースト…Alt+V
値をペーストAlt+Shift+V
属性を削除…
Dolby Vision(R)トリムパスメタデータをコピー
トリムパスメタデータをペースト
クリップを複製
選択を複製
選択を削除Backspace
リップル削除Shift+Backspace
Del
ギャップを削除
すべて選択Ctrl+A
すべて選択解除Ctrl+Shift+A
選択次のアイテム
(誤訳で実動作は「前」)
Ctrl+Left
前のアイテム
(誤訳で実動作は「次」)
Ctrl+Right
Ctrl+Up
Ctrl+Down
挿入F9
上書きF10
置き換えF11
最上位トラックに配置F12
リップル上書きShift+F10
フィット トゥ フィルShift+F11
タイムラインの末尾に追加Shift+F12
マルチカム前のアングル
(誤訳で実動作は「次」)
Ctrl+Shift+Right
次のアングル
(誤訳で実動作は「前」)
Ctrl+Shift+Left
ビデオ&オーディオAlt+Shift+[
ビデオのみAlt+Shift+]
オーディオのみAlt+Shift+\
前のページ
(誤訳で実動作は「次」)
Alt+Shift+Right
次のページ
(誤訳で実動作は「前」)
Alt+Shift+Left
前のクリップと置き換えCtrl+Shift+,
次のクリップと置き換えCtrl+Shift+.
編集後にタイムラインに切り替えAlt+Shift+Q
複合クリップを展開

トリム

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)ショートカットキー
ノーマル編集モードA
トリムモードT
範囲選択モードR
ダイナミックトリムモードW
スリップ/スライドモードの切り替えS
ブレード編集モードB
最も近い編集点を選択V
最も近いビデオ編集点を選択Alt+E
最も近いオーディオ編集点を選択Shift+E
最も近いクリップ/ギャップを選択Shift+V
編集点の種類U
V+A / Vのみ / Aのみを切り替えAlt+U
最も近い編集点を次の目的で選択イン点をリサイズ
アウト点をリサイズ
イン点をリップル
アウト点をリップル
ロール
最も近いクリップを次の目的で選択移動
スリップ
スライド
ナッジ1フレーム左,
1フレーム右.
複数フレーム左Shift+,
複数フレーム右Shift+.
サブフレーム左
サブフレーム右
先頭をトリムShift+[
末尾をトリムShift+]
選択範囲にトリム
編集を延長/短縮E
編集選択を拡大前の編集点
次の編集点
前のトラック
次のトラック
編集選択を移動前の編集点
次の編集点
前のトラック
次のトラック
リサイズ先頭を再生ヘッドの位置へ
末尾を再生ヘッドの位置へ
リップル先頭を再生ヘッドの位置へCtrl+Shift+[
末尾を再生ヘッドの位置へCtrl+Shift+]
ロール先頭を再生ヘッドの位置へ
末尾を再生ヘッドの位置へ
再生ヘッドをスリップイン
アウト
再生ヘッドの位置までフェードインAlt+Shift+D
再生ヘッドの位置からフェードアウトAlt+Shift+G
選択をクロスフェード
オーディオをスリップ1フレーム先へAlt+.
1フレーム前へAlt+,
1サブフレーム先へAlt+Left
1サブフレーム前へAlt+Right
3Dの目をスリップ反対側の目を1フレーム左へCtrl+Alt+,
反対側の目を1フレーム右へCtrl+Alt+.

タイムライン

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)メニュー(第三階層)ショートカットキー
トランンジションを追加Ctrl+T
ビデオのみのトランンジションを追加Alt+T
オーディオのみのトランジションを追加Shift+T
選択したトラックを新規レイヤーにバウンス
ミックスをトラックにバウンス…
先行クリップをすべて選択現在のトラックで先行クリップを選択Ctrl+Y
すべてのトラックで先行クリップを選択Ctrl+Alt+Y
後続クリップをすべて選択現在のトラックで後続クリップを選択Y
すべてのトラックで後続クリップを選択Alt+Y
クリップをフラグカラーで選択
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
クリップをマーカーカラーで選択
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
クリップをクリップカラーで選択デフォルトカラー
オレンジ
アプリコット
ライム
オリーブ
ティール
ネイビー
バイオレット
ピンク
タン
ベージュ
チョコレート
レイザーCtrl+B
クリップを分割Ctrl+\
クリップを結合Alt+\
シーンカットを検出
トラックをミュート
ミュートを解除
トラックをソロ
ソロを解除
ビデオトラックをクリーンアップ未使用のクリップを平坦化
未使用のクリップを無効化
未使用クリップのカラーを変更オレンジ
アプリコット
ライム
オリーブ
ティール
ネイビー
バイオレット
ピンク
タン
ベージュ
チョコレート
オーディオトラックレイヤーを平坦化
オーディオ編集をフレーム境界にトリム
マッチフレームF
タイムラインとソースビューアをスワップCtrl+PgUp
スナップN
リンク選択Ctrl+Shift+L
トラック間をリンク移動
再生ヘッドの位置のクリップを選択
オーディオレイヤー編集
オーディオスクラブShift+S
ループジョグ
タイムラインマーカーをリップル
ポストロールを再生
トラックを選択V1Alt+1
V2Alt+2
V3Alt+3
V4Alt+4
V5Alt+5
V6Alt+6
V7Alt+7
V8Alt+8
A1Ctrl+Alt+1
A2Ctrl+Alt+2
A3Ctrl+Alt+3
A4Ctrl+Alt+4
A5Ctrl+Alt+5
A6Ctrl+Alt+6
A7Ctrl+Alt+7
A8Ctrl+Alt+8
ビデオトラック配置先コントロールを上に移動Ctrl+Shift+Up
ビデオトラック配置先コントロールを下に移動Ctrl+Shift+Down
オーディオトラック配置先コントロールを上に移動Ctrl+Alt+Up
オーディオトラック配置先コントロールを下に移動Ctrl+Alt+Down
トラックをロックV1をロック/解除Alt+Shift+1
V2をロック/解除Alt+Shift+2
V3をロック/解除Alt+Shift+3
V4をロック/解除Alt+Shift+4
V5をロック/解除Alt+Shift+5
V6をロック/解除Alt+Shift+6
V7をロック/解除Alt+Shift+7
V8をロック/解除Alt+Shift+8
すべてのビデオをロック/解除Alt+Shift+9
A1をロック/解除Alt+Shift+F1
A2をロック/解除Alt+Shift+F2
A3をロック/解除Alt+Shift+F3
A4をロック/解除Alt+Shift+F4
A5をロック/解除Alt+Shift+F5
A6をロック/解除Alt+Shift+F6
A7をロック/解除Alt+Shift+F7
A8をロック/解除Alt+Shift+F8
すべてのオーディオをロック/解除Alt+Shift+F9
自動トラック選択V1を自動選択/解除Alt+F1
V2を自動選択/解除Alt+F2
V3を自動選択/解除Alt+F3
V4を自動選択/解除Alt+F4
V5を自動選択/解除Alt+F5
V6を自動選択/解除Alt+F6
V7を自動選択/解除Alt+F7
V8を自動選択/解除Alt+F8
すべてのビデオを自動選択/解除Alt+F9
A1を自動選択/解除Ctrl+Alt+F1
A2を自動選択/解除Ctrl+Alt+F2
A3を自動選択/解除Ctrl+Alt+F3
A4を自動選択/解除Ctrl+Alt+F4
A5を自動選択/解除Ctrl+Alt+F5
A6を自動選択/解除Ctrl+Alt+F6
A7を自動選択/解除Ctrl+Alt+F7
A8を自動選択/解除Ctrl+Alt+F8
すべてのオーディオを自動選択/解除Ctrl+Alt+F9
ビデオトラックを有効化/無効化V1を有効化/無効化Ctrl+Shift+1
V2を有効化/無効化Ctrl+Shift+2
V3を有効化/無効化Ctrl+Shift+3
V4を有効化/無効化Ctrl+Shift+4
V5を有効化/無効化Ctrl+Shift+5
V6を有効化/無効化Ctrl+Shift+6
V7を有効化/無効化Ctrl+Shift+7
V8を有効化/無効化Ctrl+Shift+8
すべてのビデオを有効化/無効化Ctrl+Shift+9
出力ブランキング1.33
1.66
1.77
1.85
2.0
2.35
2.39
2.40
Reset
現在のタイムラインをメディアプールで検索
カメラオリジナルに切り替え

商品情報

公式HPでは、無料版もダウンロードできます。

無料版は、試用期間のようなものではなく、永続的に無料で使い続けることができます。

また、無料版とは言え、プライベートで利用する場合は十分すぎる機能を有しています。

動画編集に関するプロフェッショナルな編集、カラー、エフェクト、オーディオが1台で可能なポストプロダクション。ライセンス版とUSB版を選べます。

まとめ

ここで紹介したものは多用するものから、使用頻度が少ないものまであると思います。

ショートカット一覧を見るだけでも、「機能として、こんなことできたんだ!」「これ知っていれば、もっと楽できた!」という発見もあるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク