【参考情報】DaVinci Resolveのショートカット一覧~メニュー編_その②~

今回は、動画編集ソフト:DaVinci Resolveのメニューおけるショートカットキーについて紹介します。

情報量が多いので数文書でまとめますが、本記事ではその内、2文書目に当たります。

なお、ここで紹介するショートカットの設定値は、DaVinci Resolve Studio 18 での初期設定のものになっています。

スポンサーリンク

ショートカット一覧

DaVinci Resolveでは、ショートカットの設定でベースとなるソフトをプルダウンメニューに表示される以下のいずれかから選ぶことができます。

  • DaVinci Resolve
  • Adobe Premiere Pro
  • Apple Final Cut Pro X
  • Avid Media Composer
  • Pro Tools

上記のうち、ここではWindows環境下で「DaVinci Resolve」を選択した時のデフォルト値を記載します。Macの場合は、「Ctrl ⇒ Command」「Alt ⇒ Option」「ファンクションキー ⇒ Fnキーを押下しながら」などの置き換えを行ってください。

また、各個人で設定できる項目は、空白となっています。

クリップ

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)ショートカットキー
新規複合クリップ…
新規Fusionクリップ…
新規VFXコネクトクリップ…
タイムラインで開く
ここで展開
コンフォームロックを有効化
メディアプールクリップにコンフォームロック
クリップを有効にするD
クリップをリンクCtrl+Alt+L
キーフレームエディターを表示Ctrl+Shift+C
カーブエディターを表示Shift+C
クリップの長さを変更…Ctrl+D
クリップの速度を変更R
フリーズフレームShift+R
リタイムコントロールCtrl+R
リタイムをリセットCtrl+Alt+R
クリップを自動配置タイムコードに基づいて置き換え
波形に基づいて置き換え
オーディオオーディオレベルを1dB上げるCtrl+Alt+=
オーディオレベルを1dB下げるCtrl+Alt+-
オーディオレベルを3dB上げるAlt+Shift+=
オーディオレベルを3dB下げるAlt+Shift+-
テイクセレクター
テイクを決定
マルチカム カットアングル1にカット編集1
アングル2にカット編集2
アングル3にカット編集3
アングル4にカット編集4
アングル5にカット編集5
アングル6にカット編集6
アングル7にカット編集7
アングル8にカット編集8
アングル9にカット編集9
マルチカム切り替えアングル1に切り替えAlt+1
アングル2に切り替えAlt+2
アングル3に切り替えAlt+3
アングル4に切り替えAlt+4
アングル5に切り替えAlt+5
アングル6に切り替えAlt+6
アングル7に切り替えAlt+7
アングル8に切り替えAlt+8
アングル9に切り替えAlt+9
Fusion出力をレンダーキャッシュ自動
オン
オフ
カラー出力をレンダーキャッシュ
メディアプールでクリップを検索Alt+F
ソースクリップにマッチフレーム

マーク

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)ショートカットキー
イン点をマークI
アウト点をマークO
ビデオのイン点をマークAlt+Shift+I
ビデオのアウト点をマークAlt+Shift+O
オーディオのイン点をマークCtrl+Alt+I
オーディオのアウト点をマークCtrl+Alt+O
イン点とアウト点を範囲マーカーに変換
範囲マーカーを基にイン点とアウト点を設定
イン点を削除Alt+I
アウト点を削除Alt+O
イン点とアウト点を削除Alt+X
ビデオのイン点とアウト点を消去Alt+Shift+X
オーディオのイン点とアウト点を消去Ctrl+Alt+X
クリップをマークX
選択したクリップをマークShift+A
サブクリップを作成Alt+B
キーフレーム タイムライン モードすべて
カラー
サイズ調整
キーフレームを追加Ctrl+[
静的キーフレームを追加Ctrl+]
キーフレームを削除Alt+]
すべてのキーフレームを削除
選択したキーフレームを左に移動
選択したキーフレームを右に移動
選択したキーフレームを上に移動
選択したキーフレームを下に移動
マーカーを追加現在の選択M
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
WebService
マーカーを追加/修正…Ctrl+M
マーカーを編集…Shift+M
マーカーを削除Alt+M
すべてのマーカーを削除すべて
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
WebService
フラグを追加現在の選択G
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
フラグを削除
すべてのフラグを削除すべて
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
クリップカラーを設定カラーを消去
オレンジ
アプリコット
ライム
オリーブ
ティール
ネイビー
バイオレット
ピンク
タン
ベージュ
チョコレート

表示

メニュー(第一階層)メニュー(第二階層)ショートカットキー
スチルスチルを保存Ctrl+Alt+G
スチルをロードCtrl+Alt+F
前のスチルへ移動Ctrl+Alt+B
次のスチルへ移動Ctrl+Alt+N
RGBピッカー値を表示8-bit
10-bit
ハイライトハイライトShift+H
白黒ハイライトAlt+Shift+H
差分ハイライトCtrl+Shift+H
ビューアチャンネルRGBCtrl+Shift+0
R
G
B
カラー / FusionをバイパスすべてのグレードをバイパスShift+D
カラー
Fusion
参照ワイプを表示Ctrl+W
参照ワイプモードギャラリーAlt+Shift+W(設定をトグルする)
タイムライン
オンライン
ワイプスタイル横ワイプShift+W(設定をトグルする)
縦ワイプ
斜めワイプ
ミックス
アルファワイプ
差の絶対値
ボックス
ベネチアンブラインド
チェッカーボード
ワイプを反転Alt+W
参照位置を移動Alt+Shift+R
タイムラインワイプを1フレーム逆方向にステップ
(誤訳で実動作は「順方向」)
Ctrl+Alt+Right
タイムラインワイプを1フレーム順方向にステップ
(誤訳で実動作は「逆方向」)
Ctrl+Alt+Left
ブロードキャストセーフ外の部分を表示
ウィンドウの境界線オフAlt+H(設定をトグルする)
オン
ユーザーインターフェースのみ
タイムライン サムネイルモードレコード(Aモード)Ctrl+PgDown(設定をトグルする)
ソース(Cモード)
タイムライン サムネイル情報コーデック
バージョン
クリップ名
タイムライン サムネイルサイズ自動
クリップをハンドル付きで表示
ソース/タイムラインビューアQ
ソースクリップ/ソーステープShift+Q
プライマリー/LogカラーホイールAlt+Z
ビューア 実際のサイズAlt+Shift+Z
ビューアをウィンドウに合わせるZ
ズームウィンドウに合わせるShift+Z
拡大Ctrl+=

Ctrl++

縮小Ctrl+-
マウスポインター周辺をズーム
トラック波形のズームすべてのトラックのズームをリセット
選択したトラックのズームをリセット
すべてのトラックをズームイン
選択したトラックをズームイン
すべてのトラックをズームアウト
選択したトラックをズームアウト
ステレオ3Dの目を切り替え左目Ctrl+.(設定をトグルする)
右目
分割スクリーン表示オンCtrl+Alt+W
現在のグループ
ハイライトモード
隣のクリップ
再生ヘッド
選択したアルバム
選択したクリップ
選択したLUT
選択したスチルグレード
選択したスチルイメージ
バージョン
バージョン&オリジナル
アウトラインを表示
セーフエリアオン
フレームの外枠
アクション
タイトル
センター
アスペクト比
アスペクト比を選択1.33
1.66
1.77
1.85
2.35
2D タイムライン スクロールを有効にする
ビューアにグレー背景を表示
ビューアオーバーレイオン/オフの切り替えShift+`
Fusionオーバーレイ
OpenFXオーバーレイ
Power Window
イメージワイプ
カラーチャート
クオリファイアー
クロップ
スマートリフレーム
ダイナミックズーム
ダスト除去
変形
注釈
複製フレームを表示
ファイル名を表示
同期オーディオファイル名を表示
タイムラインスクロール固定
ページ
無効
再生ヘッドの影を表示
プレビューマークを表示
スマートビンを表示
パワービンを表示
オーディオトラックレイヤーを表示
字幕領域を表示
マーカーを表示すべて
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
WebService
フラグを表示すべて
シアン
ピンク
フクシア
ローズ
ラベンダー
スカイ
ミント
レモン
サンド
ココア
クリーム
編集中のプレビューを有効にする

商品情報

公式HPでは、無料版もダウンロードできます。

無料版は、試用期間のようなものではなく、永続的に無料で使い続けることができます。

また、無料版とは言え、プライベートで利用する場合は十分すぎる機能を有しています。

動画編集に関するプロフェッショナルな編集、カラー、エフェクト、オーディオが1台で可能なポストプロダクション。ライセンス版とUSB版を選べます。

まとめ

ここで紹介したものは多用するものから、使用頻度が少ないものまであると思います。

ショートカット一覧を見るだけでも、「機能として、こんなことできたんだ!」「これ知っていれば、もっと楽できた!」という発見もあるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク